コンテンツへスキップ

この日、新聞で報じられ、マスコミ各社から問い合わせがあり、急きょ囲み取材に。「僕自身がこの反響に一番、驚いています」。この間の排便についても触れ、「食事中の方、すいません。この1か月間に計3回あり4、5日目に宿便と思われる黒い便が。20日目ごろに腸壁と呼ばれるものが出ました。よく腸が動き、オナラが出ます。お風呂でかいだら無臭でした」などと丁寧に説明した。

集まった取材陣も、常識ではちょっと考えられない体験を、何の苦痛なくこなし、にこやかに話す姿に「お腹がすかないって、本当にあるんですか?」「食べ物の夢を見ませんか?」など、半信半疑の質問が相次いだ。

榎木は「不食」に賛否両論の声があることも把握しており、「決して同じマネはしないでください」と強調。宗教とのかかわりにも「どのオカルトにも宗教にも加担していません。強いて言えば、榎木教でしょうか?」といつもの物静かな口調で話していた。

引用元: 榎木孝明「不食」で緊急会見!「強いて言えば“榎木教”」「反響に驚いています」 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース.

すい臓がん(中略)

胃の後ろにあり、長さ20cmほどの細長い臓器ですが、すい臓にできるがんのうち90%以上は、すい管の細胞にできるのだそう。

病院を受診するキッカケとして最も多いのは、胃や背中が重苦しいとか、何となくおなかの調子が良くないとか、食欲がないなどと漠然としたことがキッカケの患者も

出典

医師に聞く「健康診断で見つけにくい」怖い病気3

引用元: 健康診断で見落とす,怖い病気3つ・健康診断基準の高すぎ!血圧とLDLコレステロール - NAVER まとめ.

鳥取養護学校「モンペ」批難の保護者反論「子どもが死んでもいいと思ってるんじゃないですか」

鳥取の県立養護学校で先月(2015年5月)、看護師6人全員が辞め、ケアが必要な児童・生徒に支障が出るという異常事態が起きた。ある保護者の威圧的な言動が理由とされるが、看護師不足で時間通りのケアが守れないという背景、さらには施設の対応の拙さもあるようだ。

「6歳の息子は難病で、水分・栄養補給が15分遅れても命に関わる」

鳥取養護学校には小学1年生から高校3年生まで76人が在籍しているが、医療ケアにあたる看護師は6人全員が非常勤だ。この6人が辞めてしまったため、医療ケアが必要な生徒33人のうち9人が一時登校できなくなった。

8日(2015年6月)の県議会で、看護師から話を聞いた議員がこの問題を取りあげ、広く知られることになった。辞めた理由はある保護者の暴言だとしたため、保護者への批判が高まって、ネットでは「モンスター・ペアレンツ」ともいわれた。

引用元: 鳥取養護学校「モンペ」批難の保護者反論「子どもが死んでもいいと思ってるんじゃないですか」、看護士だけから事情を聞いた不公正県議はどこの政党所属か? ( その他学校 ) - 健康のブログ - Yahoo!ブログ.

記憶力などを調べる認知機能検査で認知症が疑われるレベルに相当した男性高齢者の6割が、自動車運転を続けているという大規模調査結果を、国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)の研究チームがまとめた。高齢ドライバーが増える中、男性では認知機能が落ちても多くが運転を継続している実態が明らかになり、対策が急務となっている。

13日に横浜市で開かれる日本老年医学会で発表する。調査は2011~13年、大府市と名古屋市の65歳以上の住民約1万人に実施。認知症の簡易判定に国際標準として使われる認知機能検査を受けてもらい、現在運転を継続しているか、聞き取り調査した。点数に応じ、軽度、中等度(認知症疑いに相当)の認知機能障害に分けて解析した。重度に該当する人はいなかった。

その結果、認知症疑い相当と判定された男性162人のうち、運転を継続していた人は61%(99人)に上った。同様に判定された女性130人では、15%(20人)だった。日常生活に支障がないレベルで軽度に認知機能が低下していた男性(2431人)では、86%が運転。同様の女性(2335人)は、37%だった。

現在、75歳以上の運転者には免許更新時に認知機能検査を行っているが、「認知症の恐れ」と判定されても、過去1年間に信号無視などの違反がなければ、医師の診断なしに更新できる。13年には約3万5000人が「認知症の恐れ」と判定されている。

引用元: 認知症疑われる男性、6割が「車を運転」 : シニアニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

引用元: 認知症疑われる男性、6割が「車を運転」 : シニアニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

統合失調症治療薬「ゼプリオン」の市販後5カ月で21人の死亡が判明した問題で、その後、昨年末までの国への副作用報告でさらに27人の死亡報告があり、全国で計48人が死亡したことが分かった。日本精神神経学会(武田雅俊理事長)は、複数種類の薬を同時期に大量に使用するなどの問題があったとして、医師向けの注意事項を近く学会ホームページに公表する。【和田明美】

ヤンセンファーマ(東京都千代田区)が一昨年11月、同薬の販売を開始した。6カ月の予定の市販直後調査で、5カ月で21人が死亡したため、厚生労働省の指示で昨年4月、過剰に投与しないよう注意を求める安全性速報を出した。その後1カ月でさらに11人の死亡報告があり、市販直後調査終了後も、昨年末までに国に16人の死亡が報告された。計48人の死亡者のうち、14人が投与後24時間以内の突然死、11人が自殺とされた。

また、市販直後調査で死亡が報告された計32人のうち8割近くにあたる25人がゼプリオンに加えてほかの抗精神病薬が併用されており、併用1種類が10人▽2種類が7人▽3種類が6人▽4種類と5種類がそれぞれ1人−−だった。ゼプリオンは80を超える国と地域で使用が承認されているが、海外の死亡例で複数の抗精神病薬が併用されていた患者は4割弱だった。

また、多くの患者が抗精神病薬に加えて糖尿病や高血圧などの合併症の薬などを併用されており、最多のケースでは20種類が使用されていたとみられる。

こうしたことから、同学会がHPに発表する注意事項には、低容量から開始する▽多種類の併用はしない▽急性期の患者には使用しない▽合併症に注意する−−などを記載する。

引用元: 統合失調症薬:さらに27人死亡 複数の薬併用に注意喚起 - 毎日新聞.

 

やせた男性は太った男性に比べて介護が必要になるリスクが2倍の追跡調査と訳

 

東京圏は医療・介護の受け入れ能力が全国平均よりも低く、「患者のたらい回し」や「介護施設の奪い合い」が起きる可能性が高いと警鐘を鳴らし、地方移住を促す施策の推進などを提言している。

25年には団塊の世代が75歳以上となる。国立社会保障・人口問題研究所の推計では、同年の東京圏の75歳以上人口は現在より約175万人増え、全国の増加数の3分の1を占める。

創成会議の試算によると、在宅と入所の介護需要は25年には埼玉が現在の51.5%増、千葉は49.8%増、神奈川で47.7%増、東京は37.9%増。埼玉、千葉、神奈川の増加幅が際立つ。入院需要も全国平均の14.1%増に対し、埼玉24.6%増▽神奈川22.5%増▽千葉21.9%増▽東京19.8%増となる。この結果、東京圏では医療や介護の人材が25年に約80万〜90万人不足するという。

試算を踏まえ、創成会議は、今後の医療や介護の需要・供給見通しを東京圏全体で共有する必要があると指摘。さらに、40年には医療や介護を支える体制が崩壊しかねないとして、高齢者の移住を促すため、移住費用の支援や「お試し移住」の導入などを提案している。

引用元: 東京圏高齢者:移住促進を 25年、介護人材90万人不足 - 毎日新聞.

介護職の賃金 平均より約9万円低い、お手盛り介護、ひもつきケアマネ、情報保管

 

皮膚がんをウイルスで治療する方法が、試験最終段階で好成績を上げている。メラノーマの新しい治療として実用化が近づく。

世界中で64の研究所が関わる臨床試験を行っている国際的研究グループが、がんを専門とする国際的オンライン誌ジャーナル・オブ・クリニカル・オンコロジー誌2015年5月26日に報告した。

ヘルペスウイルスを使った薬

かねてウイルスによってがんを溶かす治療は注目されていた(がん撃退する「GLV-1h68」腫瘍溶解ウイルスを参照)。

ウイルス免疫療法薬の「タリモジーン・ラハーパレプベック(Talimogene Laherparepvec)」は「T-VEC」とも呼ばれている。単純ヘルペスウイルス1型から遺伝子操作によって作られた薬。腫瘍崩壊を引き起こす。腫瘍の内部でだけ増殖するよう設計されている。さらに、顆粒球マクロファージ・コロニー刺激因子(GM-CSF)を作り出して、全身の抗腫瘍免疫反応を強めるようになる。

リンパ節に転移のあるステージ3B~全身のほかの臓器への転移のあるステージ4のメラノーマ436人を対象として。2:1の割合で、無作為にT-VECを使うグループまたは免疫を強めるGM-CSFだけを使うグループに割当てた。

引用元: がんをウイルスで溶かす、初のメラノーマへのウイルス療法「T-VEC」、最終試験で好成績 | Medエッジ.

 

皮膚がんをウイルスで治療する方法が、試験最終段階で好成績を上げている。メラノーマの新しい治療として実用化が近づく。

世界中で64の研究所が関わる臨床試験を行っている国際的研究グループが、がんを専門とする国際的オンライン誌ジャーナル・オブ・クリニカル・オンコロジー誌2015年5月26日に報告した。

ヘルペスウイルスを使った薬

かねてウイルスによってがんを溶かす治療は注目されていた(がん撃退する「GLV-1h68」腫瘍溶解ウイルスを参照)。

ウイルス免疫療法薬の「タリモジーン・ラハーパレプベック(Talimogene Laherparepvec)」は「T-VEC」とも呼ばれている。単純ヘルペスウイルス1型から遺伝子操作によって作られた薬。腫瘍崩壊を引き起こす。腫瘍の内部でだけ増殖するよう設計されている。さらに、顆粒球マクロファージ・コロニー刺激因子(GM-CSF)を作り出して、全身の抗腫瘍免疫反応を強めるようになる。

リンパ節に転移のあるステージ3B~全身のほかの臓器への転移のあるステージ4のメラノーマ436人を対象として。2:1の割合で、無作為にT-VECを使うグループまたは免疫を強めるGM-CSFだけを使うグループに割当てた。

引用元: がんをウイルスで溶かす、初のメラノーマへのウイルス療法「T-VEC」、最終試験で好成績 | Medエッジ.

「瞑想もまたED治療の一つと考えられますね」

こう語るのは“EDドクター”こと『浜松町第一クリニック』の竹越昭彦院長だ。先週は、「ウツから起こる抑制型ED」の話を聞いた。

今回はそれとは真逆で、

「やる気が満々すぎて、脳内の異常な興奮状態がEDを招くこともあるんです。実はこれ、中高年男性に多く見られる傾向なんです」

簡単に説明すると、こうだ。オナニーでは射精できても、セックスではイケない中高年も少なくない。

「とくにイイ女を抱けるチャンスが巡ってきた時ほど、なぜか勃起しない、勃ってもすぐに萎えてしまう。こういうことは珍しくない」

その理由はズバリ、脳内の異常な興奮状態。

「人間は興奮しすぎると、交感神経が優位になりストレスも感じてしまうんです。つまり戦闘態勢なんですね。ところが、勃起はリラックス状態=副交感神経が優位のときに起こるんです」

だが、ここで一つ疑問が生まれる。

若い時は興奮するほど、ペニスも硬くなり、瞬く間に射精していたではないか。実はこれこそが、「若さ」なのだ。

「意外に知られていないのですが、10代・20代の若い男性に比べて、30代以降はストレス耐性が無くなるんです。ストレスを感じると、体に不調が起こりやすいのも中高年世代」

引用元: 死ぬまで現役 下半身のツボ “瞑想”の習慣化で若さを取り戻す - 週刊実話.

引用元: 死ぬまで現役 下半身のツボ “瞑想”の習慣化で若さを取り戻す - 週刊実話.