コンテンツへスキップ

「コーヒー後の昼寝」が脳を劇的に回復させる訳 | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

コーヒーの香りは嗅いだ瞬間からリラックス効果が出ますが、カフェインを摂取して覚醒効果が出るまでには、およそ20~30分を要します。つまりそこには、しばしのタイムラグが存在するのです。この時間を昼寝にあてることで、睡眠による休養効果とカフェインの覚醒効果のいいとこ取りができます。昼寝のあとはスッキリと頭が冴えて、仕事や勉強のパフォーマンス向上が実感できることでしょう。昼寝の時刻は午後1時前後がベストで、遅くとも午後3時までには済ませてください。これよりも遅い時間の昼寝だと、夜の熟睡の妨げになってしまって本末転倒だからです。

情報源: 「コーヒー後の昼寝」が脳を劇的に回復させる訳 | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です