コンテンツへスキップ

電通、東京五輪招致へ巨額の寄付とロビー活動 中立性求めるIOCの規定に抵触か | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

フランス捜査当局はJOC前会長の竹田恒和氏を汚職に関与した疑いで「正式な捜査」の対象にしている。竹田氏は2013年当時、招致委の理事長を務めており、タン氏の雇用を承認した。同氏の弁護士、ステファン・ボニファシ氏によると、竹田氏は不正行為を否定しているという。第三者委の記録によると、2013年9月にIOCのブエノスアイレス総会で東京招致が決まった直後、電通の職員が東京の招致委関係者に連絡し、タン氏からの追加支払い要求を伝えた。銀行の記録によると、その1カ月後、タン氏は招致委から2回目の130万ドルの支払いを受けた。この支払いの契約書を作成した鳥田氏は、JOCの第三者委に、これは東京招致の成功についてコンサルタントに支払われる「成功報酬」だと話した。

情報源: 電通、東京五輪招致へ巨額の寄付とロビー活動 中立性求めるIOCの規定に抵触か | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です