コンテンツへスキップ

週刊ポスト、「韓国なんて要らない」特集で謝罪 「10人に1人は治療が必要」が物議、有名作家も多数批判|ニフティニュース

2019年9月2日発売の「週刊ポスト」13日号をめぐり、小学館は2日19時、同誌のニュースサイト「NEWSポストセブン」上に、週刊ポスト編集部名義で「週刊ポスト9月13日号掲載の特集について」と題した謝罪文を掲載した。同号では「韓国なんて要らない」と銘打った特集記事に対し、ツイッターなどでは作家・ジャーナリストからの批判が相次いだ。「誤解を広めかねず、配慮に欠けておりました」「週刊ポスト」9月13日号では「韓国なんて要らない」というタイトルでの特集記事を掲載し、GSOMIA破棄などが韓国に与える悪影響をシミュレーションする内容だった。さらに第2特集「怒りを抑えられない『韓国人という病理』」では、韓国人の10人に1人が、日本で「火病」とも揶揄される「間欠性爆発性障害」であるという韓国の医学レポートを根拠に韓国社会のストレス構造などを批判した。

情報源: 週刊ポスト、「韓国なんて要らない」特集で謝罪 「10人に1人は治療が必要」が物議、有名作家も多数批判|ニフティニュース

あまりにも大げさ

韓国の悪口ばかり書けば
事実を知らない大衆は 週刊大衆は売れるよね。

安倍内閣に韓国批判は止めると 言えるのは

事実を良く知る 大学教授など知識人だけ・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisment ad adsense adlogger