コンテンツへスキップ

王将社長が射殺不審な軽乗用車は、九州地暴力団関係者の所有

「王将社長“射殺”、不審車両は九州の暴力団関係者所有か」 News i - TBSの動画ニュースサイト

王将フードサービスの社長が射殺された事件で、現場周辺で確認された不審な軽乗用車は、九州地方の暴力団関係者の所有であることがわかりました。  おととし12月の早朝、「餃子の王将」を全国展開する王将フードサービスの社長だった大東隆行さん(当時72)が、京都市山科区の本社前で拳銃で撃たれて殺害された事件では、犯人が逃走に使ったとみられるバイクと不審な九州ナンバーの軽乗用車が併走する姿が防犯カメラに映っていたことがわかっています。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

山口組の壮絶取材現場、元組長3億円盗まれ内部犯行説。新たな大幹部の離脱騒ぎ。NO3離脱は誤報か?

神戸山口組へ 6代目転覆未遂で除籍の組長が現役復帰 で勢力拡大?

山口組6代目組長“出身母体”を家宅捜索・暴力団の仕事が変わった。 情報保管

除染に暴力団 18歳未満の少年4人に除染作業させ 給料ピンハネ、税金を資金源!被害者貧乏納税者だ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です