コンテンツへスキップ

最低賃金を引き上げたら、自殺率は3.4~5.9%下がった。生産性も向上 引き上げが世界の常識 – NAVER まとめ

最低賃金と自殺率との関連を調べるため、連邦最低賃金と、全米50州およびコロンビア特別区における最低賃金について、1990年から2015年までの26年間における月ごとのデータを使って差額を算出。これらを18~64歳の失業率や自殺率と比較した。実験群と対照群は、最終学歴で分けた。米労働省のウェブサイトによると、現在の連邦最低賃金は時給7.25ドル(800円弱)。これとは別に各州でも最低賃金を定めており、連邦が定めたものと金額が異なる場合、労働者は高い方の金額を受け取る権利がある。CNNは、29の州とコロンビア特別区では連邦最低賃金より高い額が設定されており、残りの21州は連邦最低賃金と同額だとしている。コーフマン氏のチームは、州ごとの経済状況や保護政策の違いを考慮した結果、最終学歴が高校卒業以下の人たちでは、最低賃金(時給)が1ドル上がった場合、自殺率は3.4~5.9%下がったとしている。

情報源: 最低賃金を引き上げたら、自殺率は3.4~5.9%下がった。生産性も向上 引き上げが世界の常識 - NAVER まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です