コンテンツへスキップ

川崎中1殺害、絶えぬ献花被害者の母批判息苦しさの“正体”過酷なシングルマザーの生活実態,

川崎市川崎区の多摩川河川敷で中学1年の上村(うえむら)遼太さん(当時13)が殺害された事件から、20日で3カ月。笑顔が絶えなかった上村さんの死を悼む人たちが、いまも現場の河川敷に足を運び続ける。

ボランティアが置いたバケツ三つにあふれるほどの生花。上村さんが好きだったバスケットのボールは、20個を超える。月命日の20日は、朝早くから花を手にした人がやってきた。

引用元: いつも笑っていた遼太くんへ 絶えぬ献花 川崎中1殺害:朝日新聞デジタル.

引用元: 川崎中1殺害、絶えぬ献花被害者の母批判息苦しさの“正体”過酷なシングルマザーの生活実態,.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です