コンテンツへスキップ

原爆投下は、広島、長崎が最後ではなく、始まりだった。米国は、それによってソ連の侵攻を阻止した。 – NAVER まとめ

アメリカの原爆投下は、広島、長崎が最後ではなく、始まりだった、という史実だ。 なぜトルーマン米大統領は一般市民が多数いる大都市に、無警告で、原爆を投下する事を最終決定したのか。 それはソ連に対して「核兵器開発を断念させる」ため、「目にもの見せる」ためだ。 決して、「終戦を早める」ためでも「真珠湾でだまし討ちした日本に罰を与える」ためでもなかったのだ。 驚くべき事に、米国は広島・長崎原爆投下の後に、ソ連と満州主要都市を壊滅する計画を考えていたのだ。しかし、そのために必要な核爆弾の製造が間に合わなかった。 その間に、ソ連はスパイ戦で勝利し、米国の計画を察知して核兵器の開発を急ぎ、米国が核兵器を実戦配備する前に原爆実験に成功したのだ。

情報源: 原爆投下は、広島、長崎が最後ではなく、始まりだった。米国は、それによってソ連の侵攻を阻止した。 - NAVER まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisment ad adsense adlogger