コンテンツへスキップ

北朝鮮が、アメリカの約束不履行を非難 – Pars Today

「アメリカは、米朝首脳会談で得られた合意の実施に向けて、全く現実的な行動を起こしていない」と語りました。韓国・ヨンハプ通信によりますと、キム・ゲグァン顧問は28日土曜、アメリカ・ニューヨークでの国連総会の傍ら、「米朝共同声明の実施および両国間の信頼構築に向けて、北朝鮮が誠実に努力しているにもかかわらず、アメリカはこの共同声明の実施に向けて全く行動していない」と述べています。また、「アメリカは、自らの約束履行ではなく、韓国との合同軍事演習を再開し、北朝鮮に対する制裁を強化した」としました。さらに、「アメリカのトランプ大統領には、理知的な選択肢を選び、明白で可視的な決定を下してもらいたい」と語っています。北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長とトランプ大統領は、昨年のシンガポール会談にて、対北朝鮮制裁の解除を見返りとした、同国の核兵器廃絶に関する不明瞭な合意を締結しましたが、この合意は現在まで実施されていません。両者はまた、今年2月にベトナム・ハノイで会談しましたが

情報源: 北朝鮮が、アメリカの約束不履行を非難 - Pars Today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisment ad adsense adlogger