コンテンツへスキップ

中国が日本から輸入の木材に悲鳴「盗伐された違法品やめてくれ」 – ライブドアニュース

宮崎県は、中国への輸出材として需要の高いスギの生産量が、28年連続で日本一です。 一方、度重なる違法伐採で環境破壊を経験した中国は、2017年から中国国内での天然林の伐採を禁止しました。これにより、日本からの輸出高は、前年比で36%も増加。その恩恵を一手に受けたのが宮崎県でした。 加えて、安倍政権は林業を成長産業にすると掲げており、私有地、国有地を問わず伐採しやすくする法改正をしたのです」 規制緩和の先に待ち受けていたのは、悪徳業者による盗伐の横行だった。 「業界内では、『宮崎県産の木材の8割は違法品』といわれてい る。中国から『盗品はやめてくれ』と、悲鳴に近い訴えが増えています。国辱もいいところです」(林業組合関係者) 田村議員が警鐘を鳴らす。 「このありさまでは、対中国だけでなく、日本の国際的な信用力の低下に繋がります」 日本の没落、ここに極まれり。

情報源: 中国が日本から輸入の木材に悲鳴「盗伐された違法品やめてくれ」 - ライブドアニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisment ad adsense adlogger