コンテンツへスキップ

ブラクアルバイ、観光案内のアルバイト面接に行ったら・・・JKビジネスだった。時給1200円の 提示だったのに、実際には600円

●「観光案内」のアルバイト面接に行ったら・・・JKビジネスだった

いわゆる「JKビジネス」には、個室でマッサージをおこなう「JKリフレ」や、外でデートする「JKお散歩」などがある。少女を対象とした性犯罪の温床になっていると指摘されており、最近は店舗が摘発されるなど、規制の動きも強くなっている。だが、それも氷山の一角に過ぎないと言われている。

一方で、なぜ少女たちは、そんな危険な場所に足を踏み入れてしまうのだろうか。活動の一環として、何人もの女子高生から話を聞いたという仁藤さんは、次のようにエピソードを交えながら説明した。

「ある少女は、『観光案内のアルバイト』という説明を見て面接に行ったところ、『男性とデートする仕事だ』と言われたそうです。学生証のコピーを取られてしまったので、そのままそこで働くことになり、客とカラオケやマンガ喫茶に行ったときに性行為を強要されました。

また、大手芸能プロダクションが運営するカフェやスタジオであるとだまされて、ポルノ動画を撮影される被害もあります。なかには、性奴隷のように働かされて、人間以下の扱いを受けた少女もいました」

●少女に馴染みのあるツールが使われている

そんなJKビジネスには、どのような女子高生が引き込まれているのだろうか。仁藤さんは、JKビジネスで働く少女たちは次のような「3つの層」に分類できると説明する。

(1)貧困層・・・経済的な困窮状態にあり、生活が困窮している

(2)不安定層・・・経済的に困窮していないが、家庭や学校での関係性や精神状態に不安を抱えている

(3)生活安定層・・・経済的に困窮しておらず、家庭や学校の関係性でも不安を抱えていない

引用元: 「JKビジネス」の闇――なぜ「普通の女子高生」まで足を踏み入れてしまうのか?|弁護士ドットコムニュース.

 

仕事の参考になる情報 早死にする職業とブラック企業!「会社をやめるべきか」を決める方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です