コンテンツへスキップ

コンビニ閉店に追い込む本部の自己都合『深夜営業は赤字』77% 強制=独禁法違反 仕入れを強要 – NAVER まとめ

店主一家が「コンビニ奴隷」になる オーナーは多額の借金をして開店資金を捻出している場合がほとんどである。だから、途中で辞めると借金が返せなくなってしまう。また、契約書に高額の違約金条項があるので、途中で辞めるとその違約金も発生してしまう(あまりに高額なので争う余地があるとは思うが)。そして、辞めたら生活の糧を失う。 つまり、辞めたくても辞められない。その上、コンビニ会計によって本部に多額のロイヤリティを搾り取られてしまい、高い給料も出せないので、アルバイトもなかなか集まらない。そこでどうするのかというと、ひたすら自らシフトに入る羽目になる。

情報源: コンビニ閉店に追い込む本部の自己都合『深夜営業は赤字』77% 強制=独禁法違反 仕入れを強要 - NAVER まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です