コンテンツへスキップ

なぜ日本は韓国より「言論の自由度」が低いのか ( 政党、団体 ) – 政治のメモ – Yahoo!ブログ

「『表現の不自由展』は、日本における『言論と表現の自由』が脅かされているのではないかという強い危機意識から、組織的検閲や忖度によって表現の機会を奪われてしまった作品を集め、2015年に開催された展覧会。『慰安婦』問題、天皇と戦争、植民地支配、憲法9条、政権批判など、近年公共の文化施設で『タブー』とされがちなテーマの作品が、当時いかにして『排除』されたのか、実際に展示不許可になった理由とともに展示した。今回は、『表現の不自由展』で扱った作品の『その後』に加え、2015年以降、新たに公立美術館などで展示不許可になった作品を、同様に不許可になった理由とともに展示する」(公式ウェブサイトより) 展示されているのは、「平和の少女像」となっているが、ソウルの日本大使館前にある「慰安婦像」と同じ作家によるものなどである。 ■お上からひも付きのおカネが出ている展覧会 大浦信行の昭和天皇をモチーフにした「遠近を抱えて」、作者不詳の「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」という俳句、横尾忠則のラッピング電車の第五号案「ターザン」などが陳列されている。

情報源: なぜ日本は韓国より「言論の自由度」が低いのか ( 政党、団体 ) - 政治のメモ - Yahoo!ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisment ad adsense adlogger