コンテンツへスキップ

がんの再発を防ぐ 間歇的断食 6時間の空腹時間で、細胞が生まれ変わる – NAVER まとめ

16時間の空腹時間で、細胞が生まれ変わる そのことに気づいて以降、私は、「①細胞の質の劣化を食い止める方法」と「②NK細胞の活性を上げる方法」をテーマに研究を重ねました。 その中で、Autophagy(オートファジー)や”intermittent fasting(間歇的断食)”というキーワードに出合いました。 オートファジーとは、簡単にいうと人体の古くなった細胞を新しく生まれ変わらせる仕組みのことです。細胞が新しく生まれ変われば、NK細胞の活性も高まります。つまり、オートファジーを誘導させることは、がんの再発を防ぐのに効果を発揮するのです。 出典 がんを克服した医師がみずから実践している「素朴な食事術」を明かす(現代ビジネス) - Yahoo!ニュース 間歇的断食とは1日のうちに16時間程度はものを食べない時間、すなわち「空腹時間」をつくる食事法です。16時間というのがポイントで、16時間の空腹時間を作るとオートファジーが誘導されることが、昨今の研究でわかっています。 16時間ものを食べないと聞くと、大変だと思われる方がいるかもしれません。 確かに最初の数日は空腹感が強く大変かもしれませ

情報源: がんの再発を防ぐ 間歇的断食 6時間の空腹時間で、細胞が生まれ変わる - NAVER まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です