コンテンツへスキップ

共産・れいわ ච…

経由: 【野党共闘の中心】共産とれいわが「消費税廃止」で一致!衆院選に向け連携も確認 — 健康になるためのブログ

(C)まいじつ {…

経由: ロンブー田村淳“大学中退→大学院入学”のナゾ過ぎるカラクリ… — まいじつ

日本は「滅びゆく国 dying country」らしいですよ、米国のワシントンポスト紙によると: 少子高齢化に伴い人口が減少する一方、移民(外国人労働者)を受け入れる態勢も整っていないと論説記事で指摘まあ、知ってるけど..https://washingtonpost.com/opinions/2019/08/29/japan-is-trumpian-paradise-low-immigration-rates-its-also-dying-country/… #安倍晋三 のせいだね

このくらしの主:ジョン グアンチョルさん(46歳) 韓国釜山出身。大学生の時に日本に来日。アルバイトなどをしな […]

経由: 社会、人と繋がるまなざし/東京都日野 — くらしてん

車の運転をやめて自由に移動する手段を失った高齢者は、運転を続けている人と比べ、要介護状態になるリスクが2・2倍になるとの研究結果を、筑波大の市川政雄教授(社会医学)らのチームが5日までに日本疫学会誌に発表した。運転をやめたが公共交通機関や自転車を使って外出している人は、リスクが1・7倍だった。 高齢者の事故が問題になり、免許返納を勧めるなど運転をやめるよう促す機運が高まっている。だが市川教授は「運転をやめると閉じこもりがちになり、健康に悪いのではないか。事故の危険だけを考えるのではなくバス路線を維持・充実させるなど活動的な生活を送る支援も必要だ」と話す。

情報源: 高齢者 運転をやめたら要介護リスクが2・2倍 交通事故は20代より少ない 免許返納は健康に悪い - NAVER まとめ

香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が、長引く混乱の原因となった「逃亡犯条例」改正案を正式に撤回すると、英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)など現地メディアが4日、匿名の関係者の話を基に報じた。林鄭月娥行政長官(9月3日)Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg 報道によると、同長官は現地時間午後4時に体制側の関係者らと会談し、その後に正式に撤回する計画。マイケル・ティエン議員によれば、会合には香港の議員や中国立法府の香港代表などが含まれる。 行政長官のオフィスに電話と電子メールでコメントを求めたが、今のところ応答はない。中国外務省は報道についてコメントを控えた。 同法案の正式撤回は、ほぼ3か月前から続く抗議行動の活動家らの5つの主要な要求の1つ。林鄭長官は既に法案の棚上げを発表しているが、活動家らは完全撤回を求めていた。要求はほかに、警察の暴力に対する独立機関の調査や逮捕者に対する恩赦、普通選挙などが含まれる。 報道を受けてハンセン指数は一時4.4%高まで上昇し、3.9%高で引けた。

情報源: 香港行政長官、逃亡犯条例改正案を正式に撤回へ-SCMP - Bloomberg

2019年9月2日発売の「週刊ポスト」13日号をめぐり、小学館は2日19時、同誌のニュースサイト「NEWSポストセブン」上に、週刊ポスト編集部名義で「週刊ポスト9月13日号掲載の特集について」と題した謝罪文を掲載した。同号では「韓国なんて要らない」と銘打った特集記事に対し、ツイッターなどでは作家・ジャーナリストからの批判が相次いだ。「誤解を広めかねず、配慮に欠けておりました」「週刊ポスト」9月13日号では「韓国なんて要らない」というタイトルでの特集記事を掲載し、GSOMIA破棄などが韓国に与える悪影響をシミュレーションする内容だった。さらに第2特集「怒りを抑えられない『韓国人という病理』」では、韓国人の10人に1人が、日本で「火病」とも揶揄される「間欠性爆発性障害」であるという韓国の医学レポートを根拠に韓国社会のストレス構造などを批判した。

情報源: 週刊ポスト、「韓国なんて要らない」特集で謝罪 「10人に1人は治療が必要」が物議、有名作家も多数批判|ニフティニュース

あまりにも大げさ

韓国の悪口ばかり書けば
事実を知らない大衆は 週刊大衆は売れるよね。

安倍内閣に韓国批判は止めると 言えるのは

事実を良く知る 大学教授など知識人だけ・・

 

宮崎県は、中国への輸出材として需要の高いスギの生産量が、28年連続で日本一です。 一方、度重なる違法伐採で環境破壊を経験した中国は、2017年から中国国内での天然林の伐採を禁止しました。これにより、日本からの輸出高は、前年比で36%も増加。その恩恵を一手に受けたのが宮崎県でした。 加えて、安倍政権は林業を成長産業にすると掲げており、私有地、国有地を問わず伐採しやすくする法改正をしたのです」 規制緩和の先に待ち受けていたのは、悪徳業者による盗伐の横行だった。 「業界内では、『宮崎県産の木材の8割は違法品』といわれてい る。中国から『盗品はやめてくれ』と、悲鳴に近い訴えが増えています。国辱もいいところです」(林業組合関係者) 田村議員が警鐘を鳴らす。 「このありさまでは、対中国だけでなく、日本の国際的な信用力の低下に繋がります」 日本の没落、ここに極まれり。

情報源: 中国が日本から輸入の木材に悲鳴「盗伐された違法品やめてくれ」 - ライブドアニュース

Advertisment ad adsense adlogger